2020年8月7日金曜日

「本当のドンは私」爆弾発言ビデオ・リーク!自殺(?)俳優の元婚約者

6月14日に謎の死を遂げた人気俳優スシャント・シン・ラジプットの
元婚約者「リア・チャクラボルティ」とはどんな人物なのでしょうか?
まずはこのビデオをご覧ください。


「私のボーイフレンドは自分のことをドンだと思ってる。
でも本当のドンは私。
私はヤクザたちを使う。
どこどこに住むプロデューサーからお金をもらってこい、
て言ったら取ってくる。
彼らは俺はドンだ〜、と威張ってるだけ。
録画はしないでよ。」

というような内容です。

上のビデオがリークしてインド中でバイラルになってすぐ、
急に沈黙を破り、ビデオメッセージを出しました。

これは自殺したとされる俳優の父親が1億7千万ルピーを着服した容疑で
訴えたことに対してのメッセージです。


「私は神を信じています。
メディアは色々ひどいことを言っていますが、
弁護士からはコメントをしないように
アドバイスを受けています。
真実は必ず明らかになります。」

というメッセージでした。

スシャントファンの反応は、
「こんな演技ができていれば出演作もっとヒットしたのに。」
「まさか人生の中でこんな化粧と衣装を着るとは思ってなかっただろう。」
「被害者みたいな演技。やっぱりわざとらしい。」
などなど、でした。

最高裁判所が彼女の訴えを棄却して、ビハール警察の捜査が可能になったことと、
中央政府が中央捜査局に捜査依頼を了承したことなどから、
「真実は必ず明らかになる」
がツイッターでトレンドになっています。

リアは、この一件で有名になりましたが、それまでは出演した映画はヒットせず、
あまり世間に知られていませんでした。

映画監督のマヘッシュ・バットの愛人ではないか、
と噂になっていたことがあります。
マヘッシュ・バットは女優アーリア・バットの父親で、
懇意にしていた女優二人が謎の死
(いずれも自殺とされている)を遂げています。

リアに出会う前は、スシャントの資産は4億6千万ルピーほどあったそうです。
リアに出会って数ヶ月で、2020年の2月頃には2千万ルピーにまで減ってしまったそうです。

ボディガードやスタッフの話によると、
スシャントは、昨年12月にリアとその弟とヨーロッパ旅行に行き、
帰国後、別人のようになってしまったそうです。

体が弱り、1日22時間ほどずっと寝ていたそうです。
スシャントが寝ている間に、リアは家族や友人とパーティをしていたそうです。

スタッフの話では、嫌がるスシャントに無理やり薬を飲ませていたそうです。

スシャントが死亡した日、スシャントの自宅にいたスタッフや友人は、
何の薬だったのか、誰が買っていたのか、誰が飲ませていたのか、などの
メディアの質問にはっきり答えません。

スシャントは首を吊っていた、というムンバイ警察の発表ですが、
その写真や映像はありません。

友人から連絡を受け、駆けつけた姉も、駆けつけたときには
スシャントはベッドに寝かされていた、と言っています。

友人で同居していたシッダールタ・ピタニは、首を吊っていたスシャントの遺体をベッドに下ろしたのは自分だと言っています。

別のスタッフは、自分が下ろした、と言っています。

また、救急車の運転手は、警察と一緒に自分が下ろした、と言っています。

それぞれの供述がバラバラで、一体何が真実なのか、、、、?

スシャントの死の謎について、次回のブログでお伝えします。





2020年8月5日水曜日

元婚約者に逮捕状!人気俳優謎の死 ラム寺院地鎮祭の日

2020年8月5日、アヨーディヤのラム寺院地鎮祭の日、
モディ首相が現地で歴史的儀式に参加しました。

その儀式の最中、もう一つのニュースがインド中に流れました。

6月14日に謎の死を遂げた俳優スシャント・シン・ラジプットの
元婚約者リア・チャクラボルティに対して、
最高裁判所は、パトナ警察での訴えをムンバイ警察に回して欲しい
というリアの訴えを棄却しました。
最高裁判所はムンバイ警察に対して、
事件の報告書を三日以内に提出するよう命令しました。




最高裁判所の判定により、リアに対して逮捕状が発行されたそうです。
(ビハール警察が数日前に出していたようですが、それが有効になったようです。)

そして、ビハール州知事二ティッシュ・クマールがこの事件に関して、
CBI(インド中央捜査局)に捜査を依頼した件で、
中央政府はこれを了承しました!

ラムは悪魔と戦う正義の神でもあります。

ラム寺院地鎮祭という日に、
朗報を聞いたスシャント・ファンたちの中には、
ラム神のご加護があったと言っている人たちもいます。


逮捕状が出た元婚約者はどんな人物なのか、
それは次回のブログで、、、。






2020年8月4日火曜日

ムンバイ警察VSパトナ警察 人気俳優謎の死をめぐって

今、インドのニュースチャンネルを賑わせている話題は
ムンバイ警察 VS パトナ警察 です!!!


前回お伝えした俳優スシャント・シン・ラジプットの謎の死についての調査で、
地元ムンバイ警察と、スシャントの出身地ビハール州パトナの警察が、
バチバチと火花を散らしています。

6月14日に死亡が確認され、現場に到着したムンバイ警察は、
首吊りによる自殺だと発表しました。

遺書が見つからなかったこと、首の傷の場所が首の真ん中であること(首吊りならもっと顎よりのはず)、首を吊っている状態の写真やビデオがないこと、首吊り現場の天井とベッドの間が、身長が高すぎて首を吊るのが難しいこと、救急車が3台から4台あったこと、救急車に搬送される遺体が手足が真っ直ぐの状態と、横向きに足を曲げている状態と、2種類あること、同居者が二人行方不明であること(一人は昨日のニュースで生存確認)、などなど、他にもたくさんの謎があります。

ムンバイ警察は検死の結果が出るのを待たず、
死亡発見とほぼ同時に「自殺」だと発表しました。

そして、それから一ヶ月半、スシャントの元恋人や、友人や、
ボリウッドの関係者を呼び出して調査をしていましたが、
何ら結果を出さず、そのまま自殺として調査を終了しようとしていました。

そして、7月28日、スシャントの父親が、パトナ警察に、
スシャントの元恋人リア・チャックラバルティに対して、
息子の17カロール(一億七千万)・ルピーを着服した疑いがあるとして、FIRとして訴えました。
(1カロールは1千万)

また、リアが薬を使って、スシャントを自殺に追い込んだとも父親は訴えています。

インドのスシャントファンは、この父親の訴えに、
やっと家族が立ち上がってくれたと一瞬喜びましたが、
訴えの内容を読み、息子が「自殺」に追い込まれた、とあったので、
がっかりしました。

ファンたちや、一部の真実を追求するジャーナリストは、
スシャントは殺害されたと考えています。

リアに対しては、スシャントのクレジットカードを
すべて持ち出して使用していたことがはっきりしています。

2019年、リアに出会う前は46カロールあったのが、2020年2月頃には2カロールまで減っていたそうです。

父親の訴えでは17カロールとなっていますが、実際はもっとリアが引き出したり家族の口座などに送金した可能性があります。

父親の訴えを受理したパトナ警察は4名の捜査官をムンバイに送りました。

ところが、ムンバイ警察はパトナ警察の捜査に協力してくれません。

6月8日、スシャントの元マネージャー・ディシャが死亡(ムンバイ警察によると自殺)したケースについての資料を、パトナ警察がムンバイ警察に請求したところ、なんと!
「間違って削除してしまいました。」とムンバイ警察は答えました。

パトナ警察が、「削除したデータもリカバリーできるので、手伝いましょう」と伝えましたが、コンピュータは貸し出しできないとの返答があったそうです。

ありえないことが、インドでは起こります。

そして、4人の捜査官がムンバイで捜査を始めてから四日後、さらにSP(地方警察長官クラスの高級警察官)がパトナからムンバイに送られました。

すると、、、、、!

ムンバイ到着後、マハラシュトラ政府のBMCという役所から、2週間の検疫待機の命令を受けました。
同じ飛行機に乗っていた人たちはその命令は受けていません。

その特別任務のために来た高級警察官だけ!
ゲストハウスに2週間待機命令を受け、
誰とも接触することを禁止されました。
(部下の捜査官とも面会を禁止されています。
先に到着した4名の捜査官は検疫の命令は受けていません。)

ビハール州の警察長官はこれに対して猛反発しています。

なぜここまで、徹底的にパトナ警察の邪魔をするのか?

実はスシャントの死や、元マネージャーの死に、
マハラシュトラ州州知事の息子が絡んでいるそうです。

続きは次のブログで、、、、。






2020年6月20日土曜日

婚約者はドンの愛人?!俳優自殺の真相


人気上昇中の俳優
スシャント・シン・ラジプットの急死(自殺と報道)について、
さらに調べてみるといろいろな情報が出て来ました。

家族によると、今年11月に結婚を予定していて、
家族も結婚式に参加するためムンバイに行く予定をしていたそうです。


恋人だと噂されていた女優リア・チャックラボルティと
結婚する予定だったのではないかと言われています。


インスタグラムなどでスシャントと一緒にあちこちに出かけている写真を
シェアしていたので巷では恋人関係だろうと思われていました。


不動産業者の話によると、リアとスシャントは
一緒に住むための家を探していたそうです。


ボリウッド、インド芸能界のドン的存在、映画監督のマヘッシュ・バットは、
数年前からリアと年の差の愛人関係ではないか、と言われていました。



マヘッシュ・バットは、スシャントの死の前、
リアからスシャントが幻聴を聞くなどの状態を聞き、
スシャントは精神状態が異常なので別れるように言ったと言っています。


また、マヘッシュ・バットの兄弟で同じく映画監督のムケッシュ・バットは、
スシャントが生前会った時に、「精神的に異常だと感じた、
プラビーン・バビのように、もうすぐ自殺するのではないかと思った 」
と話しています。

そういう状態だったので、主役を断ったそうです。

ムケッシュ・バットの発言について、女優カンガナはまた反論しています。

プラビーン・バビは、昔の有名な女優で、
マヘッシュ・バットの愛人だったと言われています。

プラビーン・バビも自殺したそうですが、
愛人関係のもつれで、殺されたのではないか、
と当時噂になっていたそうです。

そして、その自殺したプラビーン・バビの愛人、
スシャントの婚約者と愛人関係だと噂されている、
マヘッシュ・バットの娘が、
スシャントをバカにした発言で今非難を受けている女優
アーリア・バットなのです。


アーリヤ・バット(娘)とマヘッシュ・バット(父)

マヘッシュ・バットは長女で女優のプージャ・バットと、
親子とは思えない
濃厚なキスをするので、一時は年の離れた次女の
アーリヤ・バットはプージャ・バットの娘ではないか、
と噂されたこともありました。


アーリア・バットと共に非難を受けている
カラン・ジョハールも代々監督一家の出身です。

また、ツイッターなどのSNSでは、スシャントは自殺ではなく、
他殺の可能性がある、と人々は言っています。


<ソーシャルメディアで回っている情報(噂)>
前日の夜、スシャントのアパートの防犯カメラがすべて消えていた。
パーティをしているような騒がしい音がしていた。
死の2時間前、機嫌よく散歩していた。
合鍵が一つ見つからない。
首を吊っていた物から、人差し指、親指、小指以外の指紋が見つからない。
リアに、リアとの関係がわかると殺されると言っていた。
リアは、スシャントの死の前に、インスタグラムから彼の写真をすべて削除した。
マヘッシュ・バットは前から、スシャントはいつか自殺するだろうと言っていた。

他にも、
死ぬ日の朝、うつ病の薬を飲んでいた。(自殺を計画しているなら、薬は服用しないだろう)
指紋が左手の一部しか見つかっていない。スシャントは右利きだった。
死体の写真から、首吊り自殺なら目は開いていて、手は握りしめて硬直しているはずが、目をほとんど閉じていて、指は力が抜けている。
首の傷も、めり込みすぎていて、絞殺されたように思える。

などの情報が流れています。

ご家族も、最近は鬱の症状も良くなってきていると聞いていたそうで、
自殺だとは考えられないとコメントしています。

警察は検死の結果、自殺だと発表していますが、
特にムンバイの警察の発表はあまりみんな信用していません。

真相はまだはっきりわかりませんが、
ボリウッドの世襲制度に対するバッシングは続きそうです。

スシャントの死後、カルナータカやアッサムの災害の際、
高額の寄付をしていたことがわかりました。

本当にいい人間だった、と、娘がスシャントと共演した
俳優シャクティ・カプールもコメントしています。

本当に残念です。






2020年6月19日金曜日

ボリウッド俳優スシャント自殺?!インド芸能界の闇


34歳のボリウッド俳優スシャント・シン・ラジプットが亡くなりました。
ムンバイの自宅で首を吊っていました。
警察は自殺だと言っています。

スシャント・シン・ラジプット出演の映画はたくさんヒットしており、
ファンたちは悲しみにくれています。


私や子供達もファンだったので、大変ショックを受けています。

実はスシャント・シン・ラジプットは、
ビハール州パトナの出身です。

自殺の原因として、
7本の映画出演の契約にサインしていたのに、
半年の間にすべてキャンセルされてしまったことが
取りざたされています。

往年の大スターサルマン・カーンや
プロデューサーカラン・ジョハールなど、
ボリウッドの有力者たちが結託して、
スシャントの排除を強制したのではないか、
と噂されています。

歯に絹を着せないことで有名な女優カンガナは、
スシャントの立場を擁護し、ボリウッドの世襲制について
怒りのコメントを述べています。

スシャントの生前から、スシャントをバカにする発言をしていた、
カラン・ジョハールや、女優アーリヤ・バットは非難されています。

実は、カンガナは以前もカラン・ジョハール本人のトークショーに出演し、
本人の目の前で、カランが世襲制の旗振り役で、
外部参入者を排除するフィルムマフィアだ、
と言いのけていました。

カンガナの10分の1でも気の強さがあれば、
スシャントは自殺などしなかったかもしれません。

カンガナが「スシャントは頭が悪かったから自殺した、などとは言わないで!
スタンフォード大学の奨学生に選ばれたほどの知性があったのよ!」
と言っていますが、
実際、スシャントはDTU(デリー工科大学)3年次に中退しています。
スタンフォード大学の奨学生に選ばれたほど有望なエンジニアでした。

しかし、在学中内気な性格を直そうと始めた演劇に魅せられ、
大学を中退してムンバイでバックダンサーを始めました。
(冗談交じりに、工科大学には男子ばかりで、
女子との出会いを求めて演劇を始めた、
とムンバイの工科大学でスピーチしました。)

(IITムンバイでのスピーチ)

憧れの大スターシャールーク・カーンに舞台に呼ばれ、、、
これは完全に「いじめ」じゃないかな。

そんな扱いをされても、一番影響を受けたのはシャールーク・カーンだと
いつもインタビューで答えていました。

愛犬「ファッジ」は、いなくなったご主人様を必死で探しています。

自殺の原因はなんだったのか?

自殺に見せかけた他殺ではなかったのか?

いろんな噂が飛び交っています。

スシャントを自殺に追い込んだとして、
カラン・ジョハール、サルマン・カーンなど8名が
弁護士により訴えられました。

(数年前に自殺だとされた女優ジア・カーンの母親は、
娘の死の捜査の際、疑われたボーイフレンドだった
俳優スーラジ・パンチョリに対して捜査をしないよう、
CBIオフィサーにサルマン・カーンが圧力をかけていたと言っています。
ジア・カーンの死後、
サルマン・カーンはスーラジをプロモーションしました。)

俳優ビベック・オベロイもサルマン・カーンに脅迫された経験があります。

ボリウッド映画界は、確かに2世・3世の俳優女優が多く、
外部からデビューした新人はなかなか良い機会に恵まれません。

スシャントが半年前契約した映画は大作揃いで、
大スターになる喜びの有頂天から、すべてキャンセルされたことで、
奈落の底に突き落とされたような気持ちになったのでは、
と言う人もいます。

スシャント・シン・ラジプットの爽やかな笑顔や、
はにかんだ表情。

ずっと忘れないでいようと思います。

ご冥福をお祈りします。




2020年5月11日月曜日

国際ウェビナーに参加!ポストコロナ(パンデミック鎮静後)の観光業の未来について


5月7日、国際ウェビナーにスピーカーとして参加させていただきました!

テーマは「ポストコロナ(パンデミック鎮静後)の観光業の未来について」でした。

インド・ブッダガヤでホテルを2軒、主人と経営しているということで、
国際的な観光協会ABTOの役員をさせていただいています。

その関係でスピーカーのお役を頂きました。

私への質問は「新型コロナウイルスによるブッダガヤの
ホスピタリティ産業への影響について」でした。

インドのロックダウン中のブッダガヤの様子や、
ホテル・レストラン業界への打撃などお話ししました。

また、日本人ということで、日本の状況も少しお話ししました。

APAホテルが施設ごと提供し、コロナウイルス陽性で
軽症の患者を受け入れていることなどをお話ししました。

ロックダウンで、国際・国内線飛行機がほぼ停止状態で、
ホテル業界はしばらく大変な状況です。

この時期にホテル業界ができることは、
施設のメンテナンスや、地元の観光スポットの広告ビデオを作るなど、
ポストコロナ(パンデミックが鎮静した後)、
再びお客様がいらっしゃる時に、最善、そして安全な状況で
受け入れることができるよう、知恵を巡らせ準備することだけです。

The Webinar-Together We Stand for Tourism  @ 1.30 PM IST, May 7 
can be watched live on Youtube on the following link: 
https://youtu.be/PUQINI7xp9o.

ウェビナーはライブ配信され、現在上記リンクより見ることができます。

すべて英語でのウェビナー、緊張しましたが頑張りました。

スピーカーの皆様、とても素晴らしい方々で、しっかりとした考えをお持ちでした。

それぞれの国でコンファレンスが将来開催される時にまた会う約束をしました。

今できることを、精一杯努力して、来る将来に備えたいと思いました。

開催に当たって、様々な準備を担当してくださったシュラッダさん、チャンダンさん、そして呼びかけ人のカウレッシュさんに心より感謝申し上げます。

2020年4月29日水曜日

国際的インドの俳優・イルファン・カーンが亡くなりました

ショックです!
インド人の俳優イルファン・カーンが亡くなりました。

2018年から神経内分泌腫瘍のため、ロンドンで治療を受けていましたが、
2019年2月にインドに帰国して『Angrezi Medium』の撮影に参加し、
2020年4月28日にムンバイ市内の病院に搬送され、
結腸感染症の治療を受け、翌29日に亡くなりました。


日、蘭、加合同制作によるNHKスペシャルドラマ『東京裁判』で
インド派遣の判事、ラダ・ビノード・パール役を演じました。


日本人の皆さんもこれは見たことがあるのではないでしょうか。
「ジュラシック・ワールド」

「ジュラシック・ワールド」ではヘリコプターの墜落シーンが有名です。


「ライフ オブ パイ」の大人になったパイの役。



「インフェルノ」ではトムハンクスと共演。


「ランチボックス」

「ヒンディ・ミディアム」

最新作は「イングリッシュ・ミディアム」

イルファン・カーンは、ボリウッドだけでなく、
イギリスやアメリカの映画に
出演する数少ない国際的俳優でした。

まだまだ長生きしていろいろな映画に出演して欲しかったです。

ご冥福をお祈りします。



↑India Todayのサイトで、様々な出演作品のトレーラーが見られます。



イルファーン・カーン (wikiより)
ムスリム(イスラーム教徒)の藩王国太守(ナワーブ)の家系に生まれる。修士在学中に奨学金を得て、国立演劇学院(National School of Drama)にて3年間のディプロマ・コースを学ぶ。
1980年代後半からテレビドラマの脇役など俳優としてのキャリアを積み、90年代からは映画界にも進出するが、しばらくは小規模の無名の作品に出演するも注目されなかった。彼の演技力が評価され、映画俳優として本格的に活躍しはじめるのは2000年代に入ってからのことである。また、2006年の『その名にちなんで』以降は国外での評価も高まり、アメリカやイギリスの映画にも出演している。2016年には日、蘭、加合同制作によるNHKスペシャルドラマ『東京裁判』でインド派遣の判事、ラダ・ビノード・パール役を演じた。
ちなみに、『その名にちなんで』の監督ミーラー・ナーイルの作品では、他にも1988年『ミシシッピー・マサラ』にも出演していたが、編集段階で彼の出演部分はカットされてしまったという経緯がある。
2018年3月に神経内分泌腫瘍と診断され、ロンドンで治療を受けていた[1]。2019年2月にインドに帰国して『Angrezi Medium』の撮影に参加した[1]。2020年4月28日にムンバイ市内の病院に搬送され結腸感染症の治療を受けたが、翌29日に死去した[2]