2018年12月17日月曜日

母子保健プロジェクト・2018年12月(中絶の相談。名前のない赤ちゃん。)


PC169286

今日はアメリカからのボランティア二人と一緒に
母子保健プロジェクトに行って来ました。

綺麗な双子さんです!

母子保健プロジェクトを行っている村の卒業生の家で、
サリーを着付けてもらいました。

ブッダガヤのある北インドは今「冬」です。
(インド人的には)

でも、昼間はポカポカ陽気で、
雪が降っているアメリカから来た二人には
少し暑いくらいです。

今は稲刈りの季節で、参加者は少し少なめでした。

それでも毎回来てくれるお母さんや赤ちゃんが元気な様子を見て、
ほっとしました。

雨季にたくさん見られた皮膚病も綺麗に治っていました。

体重が少しずつ増えている赤ちゃんもいました。

中には数ヶ月間、全然体重が増えない赤ちゃんもいます。

そんな場合は、病気をしていないか、
栄養が取れているかなど、生活状況を聞きます。

PC169254

前回、訪問した時、妊娠5ヶ月頃の妊婦がいて、
中絶の相談を受けました。

もう中絶は母子共に危ないと教師たちが説明しました。

すでに3人子供がいて、4人目は家族の生活が難しくなるので
中絶を考えたのだそうです。

PC169268

今日、中絶は諦めたと言っていました。

教師たちは卵管結索手術を勧めました。

州政府の方針で、その手術は多くの女性が受けています。

私はその手術を受けた女性たちの中で、術後、感染したり、
様々な病気になったり、出血が止まらなかったりしているという話を
聞いているので、複雑な気持ちで聞いていました。

田舎の病院はまだまだ衛生状態が悪く、
手術の器具や方法も大変古いものです。

卵管結索手術を受けた女性たちについて、
いつか詳しいリサーチをしたいと思っています。

PC169249

風邪のせいか、思いっきり鼻水垂れっぱなしの赤ちゃんもいました。

IMG20181216112741

また、生まれて1ヶ月で、はっきりとした名前がついてない赤ちゃんも。

父親が何か名前をつけたけど、母親は忘れてしまったのだそうで、
教師たちに名前をつけてください、と母親が頼みました。

それで、女の子なので「プリティ」ちゃんという名前に決まりました。

この生後約1ヶ月の赤ちゃんも、生後約3ヶ月の赤ちゃんも、
病院には行かず、自宅で出産していました。

母親は出産日の日にちを覚えていませんでした。

ディワリの何日か後、とか、プールニマの頃、とか、
お祭りの前後で覚えています。

次回はアガンワリ(妊婦や新生児の保健について手続きをする村の女性)に記入してもらった母子手帳のような紙を持ってくるように伝えました。

女の子だったら、州政府が銀行口座を開いて、お金を振り込んでくれます。

その手続きはしたのか尋ねると、していない、ということでした。

すると、他の母親たちも口々に、手続きをアガンワリに頼んだけど、
全然してくれない、と言いました。

その手続きをする度に、600ルピーほど手数料をアガンワリはもらえるそうですが、
お金持ちなのか、興味がないのだろう、と教師たちと母親たちは話してしました。

州政府も色々と頑張っているのですが、
なかなか末端の人々まで届いていない現状のようです。

2018年12月3日月曜日

JLPT(日本語能力試験)デリーで受験!(12月)



12月2日、ブッダガヤ日本語教室の生徒、31名がデリーでJLPT(日本語能力試験)を受験しました。

N1・1名、N2・3名、N3・3名、N4・5名、19名の合計31名です。

無事、受験を終え、今、ほとんどの生徒が帰りの電車の中です。

デリーから彼らが送ってきてくれた写真は食事の写真ばかり、、、!

食事以外の時間は勉強をしていたり、写真どころではなかったのでしょう。






3名は飛行機も利用しました。
大学の卒業試験が、JLPT受験日の前日や翌日にあったからです。
彼らは教師のバイトをしてくれているので、飛行機代はバイト代から天引きします。


初めて乗る飛行機。


機内食のサンドイッチも美味しかったようです。
パトナ経由でガヤへ戻りました。
卒業試験、間に合って良かったです。



11月は何度も模擬試験を実施しました。


合格点ギリギリの生徒や、140点超えの生徒も。(N5の合格点は90点)




努力が実って、みんな合格できますように、、、!



2018年10月1日月曜日

結婚20周年!日印国際結婚

今日10月1日は、私たち夫婦の結婚20周年の記念日です。

20年前、・・・・二人とも若かった・・・!

そして・・・細かった・・・・!

日本での披露宴の写真です。

日本で記念撮影。

2001年(17年前)にNGOを夫婦で始めました。
(この写真の中にクリケット選手や日本語通訳を目指す生徒がいます)

数年前の結婚記念日の写真です。


子供を四人授かりました。


現在、長男は大学生、長女は高校生、次男は中学生、次女は幼稚園生。

主人の両親と妹二人。
お義母さんや義妹のムニさんにインドのしきたりや儀式の仕方を教えてもらいました。
義妹のアルカちゃんにはヒンディー語を教えてもらいました。

ビハール州州知事ニティッシュ・クマール氏と。

元州知事ジタラム・マンジー氏と。

インド政府法務・情報通信大臣ラビシャンカル氏と。

大恩人メヘロトラご夫妻と。

IIT(インド工科大学)受験塾「スーパー30」のアナンダ氏と。

20年来の友人、ジャルカンド州の警察長官バリ氏と。

近所の象と。

大恩人であり友人の娘さんの結婚式。

ホテルの従業員や卒業生たちと。

20年、あっという間です!

スーリヤ校の卒業生も大学生になったり、
結婚して子供が生まれたり、
クリケット選手やレスラーになる子、
日本語通訳を目指す子たちも。

まだまだ小さな子供たちがたくさん!

これからも夫婦仲良く喧嘩しながら、頑張ります!

2018年9月30日日曜日

母子保健プロジェクト 乳幼児の皮膚病


21st Aug. 2018 Mothers & Infants Health Project

Feb.2018 Mothers & Infants Health Project

母子保健プロジェクトでは、村のお母さんと子供達の健康相談をしています。

毎月、2カ所の村で、新生児の身長と体重を測定し、成長の記録を取り、
お母さんたちに子供達の健康について考える機会を作っています。

増えているか、減っているか、極端に減っていたら原因は何か。

7月から9月にかけての雨季には、多くの乳幼児が皮膚病になります。

子供と接する母親にも感染ります。

汚い水で洗った衣服を汚い場所で干し、
生乾きのまま着せることが原因だと考えられます。

あまりにも皮膚病がひどい場合は、ブッダガヤのNGOが運営する診療所を紹介します。

また、予防として、洗濯の仕方、干し方の指導をします。

そして、洗濯の際に水に混ぜる消毒液を配布しています。

沸騰させた熱湯で子供服を消毒する方法も教えていますが、
火をたき、お湯を作るのは贅沢なので、なかなかしてもらえません。

村での洗濯は、共同の井戸で洗うことが多いのですが、
雨季にはその井戸の周りに、溢れたどぶ水が流れ込み、大変汚い状況です。

洗濯用洗剤を使うのは大変贅沢で、洗剤は使わず、
あれば石鹸、なければ水だけで洗います。

干すのは、藁葺きや瓦葺の屋根に引っ掛けたり、
中庭の土間や、壁の上の方に紐をつなげて、そこに干したりするのですが、
土壁にくっついていたり、何枚も重ねて干している場合が多いです。

出来るだけ太陽光に当てましょう、とお話しています。

教育を受けていない方が多く、目に見えないばい菌の話は、
なかなか理解してもらえません。

妊婦さん達の体重測定や、血圧測定もしています。

村の妊婦さんは痩せていて貧血気味で、栄養状態がよくない人が多いです。

貧しい生活の中で、男性が食事の栄養の高い分を優先して食べ、
次に子供が食べ、残りを女性が食べる場合が多いです。

残らない場合は、女性は食べないこともあります。

村の女性達の栄養状態は非常に悪いです。

妊婦さんには、出来るだけ豆類やほうれん草など栄養価の高いものを
食べるようにすることをお話しています。

伝統的な文化や習慣など、素晴らしい面もありますが、
やはり健康を害する習慣は改善されるべきだと思います。

私たちの活動は小さなものですが、
少しでも多くの村の女性達や子供達に健康になってもらえるよう、
頑張ってまいります。

P8215251 1534859143544 1534859143680 1534859147815 P8215138 P8215143 P8215209 1534844461749 1534859132588 P8215022 DSC_0040 DSC_0019


ここからは長女が撮影した写真です。
IMG20180203131919 IMG20180203135347 IMG20180203134511 IMG20180203135306 IMG20180203130840 IMG20180203132624 IMG20180203124708 IMG20180203130308